注意1秒!交通事故体験&相談集

息子が大怪我を負った交通事故

自転車で車道を走行中に車の左折による巻き込み事故で大けがを負った息子。中学からサッカー部の所属し、高校生活最後の試合前の出来事でした。

幸い、命に関わるような交通事故ではなく、足の骨折と腕の打撲。その他、頭を打ったほどでした。
それでも、1週間ほど入院し、その間、学校も休む事になりました。退院後は、自転車通学だったという事もあり、自力で通う事もできず、私が車で送迎する毎日だったのです。

その間、加害者である運転手が見舞いに来たのは、入院している時の1度だけ。その後、何の連絡もなかったのでした。

そうして、半年頃が過ぎ、息子の骨折も完治したころ、保険会社から送られてきた書類。そこには、微々たる慰謝料、お見舞金の提示のみが明記してあったのです。

何の誠意も感じる事ができず、また、パートの時間をやり繰りし、息子を送迎した私の手当てが含まれていないような気がした私は、主人に相談し、知り合いの弁護士に相談する事にしたのでした。

そこで、保険会社から送られてきた書類を確認して頂き、その上で、弁護士の方から保険会社に連絡を入れてもらうことに。

その結果、初めの提示額は一体何だったのか?と思うほど、増額された慰謝料の提示を受ける事ができたのです。

弁護士費用は必要になったものの、少しスッキリした気持ちで事故の事を片付ける事ができたように思います。

DATE:2017/7/4