注意1秒!交通事故体験&相談集

安すぎる賠償金額

大学への通学中に、横断歩道を渡っている最中にトラックに衝突されて重傷を負いました。

薄れゆく意識の中で死が現実的なものとして脳裏に浮かんでいました。
すぐさま救急車で病院に運ばれましたが、その時の事故のことは全く記憶に無いほどで、事故から二日後に意識を回復するまでのことは何も覚えていません。

幸いにも臓器には致命的な損傷が無く、頭部も打撲で済んだので大きな後遺症は残らずに済みましたが、顔には大きな裂傷があり、腕にも後遺症として痺れが残る可能性が高い傷を負ってしまいました。

就活を控えた大事な時期を私はリハビリに費やすことになってしまい、結局希望していた業界への就職も叶わず、あの交通事故さえなければと悔しい気持ちでいっぱいです。

こうなった以上は、もうお金で問題を解決するしかないわけですが、相手の保険会社が提示してきた金額には到底納得がいかず、どうしたものかと頭を悩ませています。

家族とも話し合いましたし、友人にも相談をしましたが、誰に聞いても「安すぎる」と言われます。

専門知識を持った保険会社と素人が交渉をしても良い結果が出るはずがないと思っているので、弁護士に相談をしようと思っているのですが、私の考え方は間違っているでしょうか。
交通事故で弁護士に依頼というのは常識外なのでしょうか?

交通事故弁護士の無料相談はこちら

DATE:2017/7/4